期間工の仕事はきつい?仕事内容について

組み立てや分解などの作業は十分な体力が必要となる

期間工の仕事のハードさは、配属されたラインや労働時間などによって大きな違いがあるため、自分の体力や経験などに応じて、慎重に職場選びをすることが大事です。一般的に、工業製品や自動車などの組み立てや分解などの立ち仕事を担当する場合には、腰や肩など体の様々な部位に負担が掛かったり、仕事の疲れが翌日以降にも残ったりすることがあります。また、作業員の人数が少ない現場では、一人で数十キロの製品の製造を任されることもあるため、工場の仕事に慣れていない人は注意が必要です。なお、製造ラインでなるべく長く仕事を続けたい人は、機械化が進んでいるところや、作業員同士のコミュニケーションが取れているところを職場に決めると良いでしょう。

検品や清掃などの軽作業は体力がない人も取り組みやすい

工場内の検品や清掃などの軽作業は、製品の組み立てや分解、運搬などの重労働と比べて給料が低くなるものの、体力がない人も取り組みやすいといったメリットがあります。最近では、人手不足をカバーするため、若い女性や高齢のスタッフを検品や清掃をメインに担当する作業員として採用する工場の数も増加しており、初めての人も働きやすい環境が整いつつあります。また、大手や経営状態が良い中小の工場においては、検品や清掃の期間工のスタッフに対してもボーナスや各種手当を支給しているところも少なくありません。そのため、求職中から将来を見据えて身近なところにある工場の期間工の待遇の良し悪しについてきちんと調べておくと良いでしょう。

期間工の募集は、工業製品や食品、電子機器など様々な工場で行われることがあり、配属先によっては業務経験が無い人でも働き始めることができます。